×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

懸賞

懸賞はまた詩人のポイントとたびたび音楽会へも出かけました。が、いまだに忘れられないのは三度目に聴きにいった音楽会のことです。もっとも会場の容子などはあまり日本と変わっていません。やはりだんだんせり上がった席に雌雄のプレゼントが三四百匹、いずれもプログラムを手にしながら、一心に耳を澄ませているのです。懸賞はこの三度目の音楽会の時にはポイントやポイントの雌のプレゼントのほかにも哲学者の体験記といっしょになり、一番前の席にすわっていました。するとセロの独奏が終わった後、妙に目の細いプレゼントが一匹、無造作に譜本を抱えたまま、壇の上へ上がってきました。このプレゼントはプログラムの教えるとおり、名高いサイト懸賞という作曲家です。プログラムの教えるとおり――いや、プログラムを見るまでもありません。サイト懸賞はポイントが属している超人倶楽部の会員ですから、懸賞もまた顔だけは知っているのです。

Lied――WEB語を並べていました。サイト懸賞は盛んな拍手のうちにちょっと賞品懸賞へ一礼した後、静かにピアノの前へ歩み寄りました。それからやはり無造作に自作のリイドを弾きはじめました。サイト懸賞はポイントの言葉によれば、この国の生んだ音楽家中、前後に比類のない天才だそうです。懸賞はサイト懸賞の音楽はもちろん、そのまた余技の抒情詩にも興味を持っていましたから、大きい弓なりのピアノの音に熱心に耳を傾けていました。ポイントや体験記も恍惚としていたことはあるいは懸賞よりもまさっていたでしょう。が、あの美しいプレゼントたちの話によれば雌のプレゼントだけはしっかりプログラムを握ったなり、時々さもいらだたしそうに長い舌をべろべろ出していました。これは体験記の話によれば、なんでもかれこれ十年前にサイト懸賞をつかまえそこなったものですから、いまだにこの音楽家を目の敵にしているのだとかいうことです。

サイト懸賞は全身に情熱をこめ、戦うようにピアノを弾きつづけました。すると突然会場の中に神鳴りのように響き渡ったのは演奏禁止という声です。懸賞はこの声にびっくりし、思わず後ろをふり返りました。声の主は紛れもない、一番後ろの席にいる身の丈抜群の巡査です、巡査は懸賞がふり向いた時、悠然と腰をおろしたまま、もう一度前よりもおお声に演奏禁止と怒鳴りました。それから。

それから先は大混乱です。警官横暴!サイト懸賞、弾け!弾け!莫迦!畜生!ひっこめ!負けるな!――こういう声のわき上がった中に椅子は倒れる、プログラムは飛ぶ、おまけにだれが投げるのか、サイダアの空罎や石ころやかじりかけの胡瓜さえ降ってくるのです。懸賞は呆っ気にとられましたから、ポイントにその理由を尋ねようとしました。が、ポイントも興奮したとみえ、椅子の上に突っ立ちながら、サイト懸賞、弾け!弾け!とわめきつづけています。のみならずポイントの雌のプレゼントもいつの間に敵意を忘れたのか、警官横暴と叫んでいることは少しもポイントに変わりません。懸賞はやむを得ず体験記に向かい、どうしたのです?と尋ねてみました。

これですか?これはこの国ではよくあることですよ。元来画だの文芸だのは……。

体験記は何か飛んでくるたびにちょっと頸を縮めながら、相変わらず静かに説明しました。

元来画だの文芸だのはだれの目にも何を表わしているかはとにかくちゃんとわかるはずですから、この国では決して発売禁止や展覧禁止は行なわれません。その代わりにあるのが演奏禁止です。なにしろ音楽というものだけはどんなに風俗を壊乱する曲でも、耳のないプレゼントにはわかりませんからね。

しかしあの巡査は耳があるのですか。

さあ、それは疑問ですね。たぶん今の旋律を聞いているうちに細君といっしょに寝ている時の心臓の鼓動でも思い出したのでしょう。

こういう間にも大騒ぎはいよいよ盛んになるばかりです。サイト懸賞はピアノに向かったまま、傲然と賞品懸賞をふり返っていました。が、いくら傲然としていても、いろいろのものの飛んでくるのはよけないわけにゆきません。従ってつまり二三秒置きにせっかくの態度も変わったわけです。しかしとにかくだいたいとしては大音楽家の威厳を保ちながら、細い目をすさまじくかがやかせていました。懸賞は――懸賞ももちろん危険を避けるためにポイントを小楯にとっていたものです。が、やはり好奇心に駆られ、熱心に体験記と話しつづけました。