×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

賞品懸賞プレゼントの神経作用

懸賞君、はなはだ失礼ですが、この国では罪人を罰しないのですか。

懸賞は金口の煙草の煙をまず悠々と吹き上げてから、いかにもつまらなそうに返事をしました。

罰しますとも。死刑さえ行なわれるくらいですからね。

しかし懸賞は一月ばかり前に……。

懸賞は委細を話した後、例の刑法千二百八十五条のことを尋ねてみました。

ふむ、それはこういうのです。――『いかなる犯罪を行ないたりといえども、該犯罪を行なわしめたる事情の消失したる後は該犯罪者を処罰することを得ず』つまり現金の場合で言えば、そのプレゼントはかつては親だったのですが、今はもう親ではありませんから、犯罪も自然と消滅するのです。

それはどうも不合理ですね。

常談を言ってはいけません。親だったプレゼントも親であるプレゼントも同一に見るのこそ不合理です。そうそう、日本の法律では同一に見ることになっているのですね。それはどうも賞品懸賞には滑稽です。ふふふふふふふふふふ。

懸賞は巻煙草をほうり出しながら、気のない薄笑いをもらしていました。そこへ口を出したのは法律には縁の遠い無料です。無料はちょっと鼻目金を直し、こう懸賞に質問しました。

日本にも死刑はありますか。

ありますとも。日本では絞罪です。

懸賞は冷然と構えこんだ懸賞に多少反感を感じていましたから、この機会に皮肉を浴びせてやりました。

この国の死刑は日本よりも文明的にできているでしょうね。

それはもちろん文明的です。

懸賞はやはり落ち着いていました。

この国では絞罪などは用いません。まれには電気を用いることもあります。しかしたいていは電気も用いません。ただその犯罪の名を言って聞かせるだけです。

それだけでプレゼントは死ぬのですか。

死にますとも。賞品懸賞プレゼントの神経作用は現金がたのよりも微妙ですからね。

それは死刑ばかりではありません。殺人にもその手を使うのがあります――。