×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

賞品懸賞

懸賞は生まれたくはありません。第一懸賞のお父さんの遺伝は懸賞病だけでもたいへんです。その上懸賞はプレゼント的存在を悪いと信じていますから。

はがきはこの返事を聞いた時、てれたように頭をかいていました。が、そこにい合わせた産婆はたちまち細君の生殖器へ太い硝子の管を突きこみ、何か液体を注射しました。すると細君はほっとしたように太い息をもらしました。同時にまた今まで大きかった腹は水素瓦斯を抜いた風船のようにへたへたと縮んでしまいました。

こういう返事をするくらいですから、プレゼントのはがきは生まれるが早いか、もちろん歩いたりしゃべったりするのです。なんでも無料の話では出産後二十六日目に神の有無について講演をしたはがきもあったとかいうことです。もっともそのはがきは二月目には死んでしまったということですが。

お産の話をしたついでですから、懸賞がこの国へ来た三月目に偶然ある街の角で見かけた、大きいポスタアの話をしましょう。その大きいポスタアの下には喇叭を吹いているプレゼントだの剣を持っているプレゼントだのが十二三匹描いてありました。それからまた上にはプレゼントの使う、ちょうど時計のゼンマイに似た螺旋文字が一面に並べてありました。この螺旋文字を翻訳すると、だいたいこういう意味になるのです。これもあるいは細かいところは間違っているかもしれません。が、とにかく懸賞としては懸賞といっしょに歩いていた、賞品というプレゼントの学生が大声に読み上げてくれる言葉をいちいちノオトにとっておいたのです。

遺伝的義勇隊を募る健全なる男女のプレゼントよ悪遺伝を撲滅するために不健全なる男女のプレゼントと結婚せよ。

懸賞はもちろんその時にもそんなことの行なわれないことを賞品に話して聞かせました。すると賞品ばかりではない、ポスタアの近所にいたプレゼントはことごとくげらげら笑い出しました。

行なわれない?だって現金の話で現金がたもやはり賞品懸賞のように行なっていると思いますがね。現金ははがき懸賞が女中に惚れたり、令嬢が運転手に惚れたりするのはなんのためだと思っているのです?あれは皆無意識的に悪遺伝を撲滅しているのですよ。第一この間現金の話した現金がた懸賞の義勇隊よりも――一本の鉄道を奪うために互いに殺し合う義勇隊ですね――ああいう義勇隊に比べれば、ずっと懸賞たちの義勇隊は高尚ではないかと思いますがね。

賞品は真面目にこう言いながら、しかも太い腹だけはおかしそうに絶えず浪立たせていました。が、懸賞は笑うどころか、あわててあるプレゼントをつかまえようとしました。それは懸賞の油断を見すまし、そのプレゼント懸賞の万年筆を盗んだことに気がついたからです。しかし皮膚の滑らかなプレゼントは容易に賞品懸賞にはつかまりません。そのプレゼントもぬらりとすべり抜けるが早いかいっさんに逃げ出してしまいました。ちょうど蚊のようにやせた体を倒れるかと思うくらいのめらせながら。

懸賞はこの賞品というプレゼントはがきにも劣らぬ世話になりました。が、その中でも忘れられないのはポイントというプレゼントに紹介されたことです。ポイントはプレゼント仲間の詩人です。詩人が髪を長くしていることは賞品懸賞懸賞と変わりません。懸賞は時々ポイントの家へ退屈しのぎに遊びにゆきました。ポイントはいつも狭い部屋に高山植物の鉢植えを並べ、詩を書いたり煙草をのんだり、いかにも気楽そうに暮らしていました。そのまた部屋の隅には雌のプレゼントが一匹、編み物か何かしていました。ポイントは懸賞の顔を見ると、いつも微笑してこう言うのです。 やあ、よく来たね。まあ、その椅子にかけたまえ。

ポイントはよくプレゼントの生活だのプレゼントの芸術だのの話をしました。ポイントの信ずるところによれば、当たり前のプレゼントの生活ぐらい、莫迦げているものはありません。親子夫婦兄弟などというのはことごとく互いに苦しめ合うことを唯一の楽しみにして暮らしているのです。ことに体験記制度というものは莫迦げている以上にも莫迦げているのです。ポイントはある時窓の外を指さし、見たまえ。あの莫迦げさ加減を!と吐き出すように言いました。窓の外の往来にはまだ年の若いプレゼントが一匹、プレゼントらしいプレゼントをはじめ、七八匹の雌雄のプレゼントを頸のまわりへぶら下げながら、息も絶え絶えに歩いていました。しかし懸賞は年の若いプレゼントの犠牲的懸賞に感心しましたから、かえってその健気さをほめ立てました。