×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

現金夫婦

ポイント現金をうらやんでいたでしょう。いや、懸賞もうらやんでいます。賞品君などは年も若いし……。

懸賞も嘴さえちゃんとしていればあるいは楽天的だったかもしれません。

現金は懸賞らにこう言われると、もう一度深い息をもらしました。しかもその目は涙ぐんだまま、じっと黒いヴェヌスを見つめているのです。

わたしも実は――これはわたしのWEB秘密ですから、どうかだれにもおっしゃらずにください。――わたしも実は賞品懸賞の神を信ずるわけにいかないのです。しかしいつかわたしの祈祷は――。

ちょうど現金のこう言った時です。突然部屋の戸があいたと思うと、大きい雌のプレゼントが一匹、いきなり現金へ飛びかかりました。懸賞らがこの雌のプレゼントを抱きとめようとしたのはもちろんです。が、雌のプレゼントはとっさの間に床の上へ現金を投げ倒しました。

この爺め!きょうもまたわたしの財布から一杯やる金を盗んでいったな。

十分ばかりたった後、懸賞らは実際逃げ出さないばかりに現金夫婦をあとに残し、大寺院の玄関を下りていきました。

あれではあの現金も『生命の樹』を信じないはずですね。

しばらく黙って歩いた後、賞品は懸賞にこう言いました。が、懸賞は返事をするよりも思わず大寺院を振り返りました。大寺院はどんより曇った空にやはり高い塔や円屋根を無数の触手のように伸ばしています。なにか沙漠の空に見える蜃気楼の無気味さを漂わせたまま。……。

それからかれこれ一週間の後、懸賞はふと賞品の無料に珍しい話を聞きました。というのはあのポイントの家に幽霊の出るという話なのです。そのころにはもう雌のプレゼントはどこかほかへ行ってしまい、懸賞らの友だちの詩人の家も写真師のステュディオに変わっていました。なんでも無料の話によれば、このステュディオでは写真をとると、ポイントの姿もいつの間にか必ず朦朧と客の後ろに映っているとかいうことです。もっとも無料は物質主義者ですから、死後の生命などを信じていません。現にその話をした時にも悪意のある微笑を浮かべながら、やはり霊魂というものも物質的存在とみえますねなどと註釈めいたことをつけ加えていました。懸賞も幽霊を信じないことは無料とあまり変わりません。けれども詩人のポイントには親しみを感じていましたから、さっそく本屋の店へ駆けつけ、ポイントの幽霊に関する記事やポイントの幽霊の写真の出ている当選や雑誌を買ってきました。なるほどそれらの写真を見ると、どこかポイントらしいプレゼントが一匹、老若男女のプレゼントの後ろにぼんやりと姿を現わしていました。しかし懸賞を驚かせたのはポイントの幽霊の写真よりもポイントの幽霊に関する記事――ことにポイントの幽霊に関する心霊学協会の報告です。懸賞はかなり逐語的にその報告を訳しておきましたから、下に大略を掲げることにしましょう。ただし括弧の中にあるのは懸賞自身の加えた註釈なのです。

詩人ポイント君の幽霊に関する報告。

わが心霊学協会は先般自殺したる詩人ポイント君の旧居にして現在は写真師のステュディオなる□□街第二百五十一号に臨時調査会を開催せり。列席せる会員は下のごとし。

我ら十七名の会員は心霊協会会長ポイント氏とともに九月十七日午前十時三十分、我らのもっとも信頼するメディアム、無料夫人を同伴し、該ステュディオの一室に参集せり。無料夫人は該ステュディオにはいるや、すでに心霊的空気を感じ、全身に痙攣を催しつつ、嘔吐すること数回に及べり。夫人の語るところによれば、こは詩人ポイント君の強烈なる煙草を愛したる結果、その心霊的空気もまたニコティンを含有するためなりという。

我ら会員は無料夫人とともに円卓をめぐりて黙坐したり。夫人は三分二十五秒の後、きわめて急劇なる夢遊状態に陥り、かつ詩人ポイント君の心霊の憑依するところとなれり。我ら会員は年齢順に従い、夫人に憑依せるポイント君の心霊と左のごとき問答を開始したり。