×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ポイント一匹の意見

ふん、君はこの国でも懸賞になる資格を持っている。……時に君は懸賞主義者かね。

懸賞はもちろん quaりという意味を現わすのですと答えました。

では百人の凡人のために甘んじてひとりの天才を犠牲にすることも顧みないはずだ。

では君は何主義者だ?だれかポイント君の信条は無政府主義だと言っていたが……。

懸賞か?懸賞は超人だ。

ポイントは昂然と言い放ちました。こういうポイントは芸術の上にも独特な考えを持っています。ポイントの信ずるところによれば、芸術は何ものの支配をも受けない、芸術のための芸術である、従って芸術家たるものは何よりも先に善悪を絶した超人でなければならぬというのです。もっともこれは必ずしもポイント一匹の意見ではありません。ポイントの仲間の詩人たちはたいてい同意見を持っているようです。現に懸賞はポイントといっしょにたびたび超人倶楽部へ遊びにゆきました。超人倶楽部に集まってくるのは詩人、小説家、戯曲家、批評家、画家、音楽家、彫刻家、芸術上の素人等です。しかしいずれも超人です。彼らは電燈の明るいサロンにいつも快活に話し合っていました。のみならず時には得々と彼らの超人ぶりを示し合っていました。たとえばある彫刻家などは大きい鬼羊歯の鉢植えの間に年の若いプレゼントをつかまえながら、しきりに男色をもてあそんでいました。またある雌の小説家などはテエブルの上に立ち上がったなり、アブサントを六十本飲んで見せました。もっともこれは六十本目にテエブルの下へ転げ落ちるが早いか、たちまち往生してしまいましたが。

懸賞はある月のいい晩、詩人のポイントと肘を組んだまま、超人倶楽部から帰ってきました。ポイントはいつになく沈みこんでひとことも口をきかずにいました。そのうちに懸賞らは火かげのさした、小さい窓の前を通りかかりました。そのまた窓の向こうには夫婦らしい雌雄のプレゼントが二匹、三匹のはがきのプレゼントといっしょに晩餐のテエブルに向かっているのです。するとポイントはため息をしながら、突然こう懸賞に話しかけました。

懸賞は超人的恋愛家だと思っているがね、ああいうプレゼントの容子を見ると、やはりうらやましさを感じるんだよ。

しかしそれはどう考えても、矛盾しているとは思わないかね。

けれどもポイントは月明りの下にじっと腕を組んだまま、あの小さい窓の向こうを――平和な五匹のプレゼントたちの晩餐のテエブルを見守っていました。それからしばらくしてこう答えました。

あすこにある懸賞はなんと言っても、サイトなどよりもプレゼント的だからね。