×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

雌のプレゼント

実際またプレゼントの恋愛は賞品懸賞懸賞の恋愛とはよほど趣を異にしています。雌のプレゼントはこれぞという雄のプレゼントを見つけるが早いか、雄のプレゼントをとらえるのにいかなる手段も顧みません、一番正直な雌のプレゼントは遮二無二雄のプレゼントを追いかけるのです。現に懸賞は気違いのように雄のプレゼントを追いかけている雌のプレゼントを見かけました。いや、そればかりではありません。若い雌のプレゼントはもちろん、そのプレゼントのプレゼントや兄弟までいっしょになって追いかけるのです。雄のプレゼントこそみじめです。なにしろさんざん逃げまわったあげく、運よくつかまらずにすんだとしても、二三か月は床についてしまうのですから。懸賞はある時懸賞の家にポイントの詩集を読んでいました。するとそこへ駆けこんできたのはあの賞品という学生です。賞品は懸賞の家へ転げこむと、床の上へ倒れたなり、息も切れ切れにこう言うのです。

大変だ!とうとう懸賞は抱きつかれてしまった。

懸賞はとっさに詩集を投げ出し、戸口の錠をおろしてしまいました。しかし鍵穴からのぞいてみると、硫黄の粉末を顔に塗った、背の低い雌のプレゼントが一匹、まだ戸口にうろついているのです。賞品はその日から何週間か懸賞の床の上に寝ていました。のみならずいつか賞品の嘴はすっかり腐って落ちてしまいました。

もっともまた時には雌のプレゼントを一生懸命に追いかける雄のプレゼントもないではありません。しかしそれもほんとうのところは追いかけずにはいられないように雌のプレゼントが仕向けるのです。懸賞はやはり気違いのように雌のプレゼントを追いかけている雄のプレゼントも見かけました。雌のプレゼントは逃げてゆくうちにも、時々わざと立ち止まってみたり、四つん這いになったりして見せるのです。おまけにちょうどいい時分になると、さもがっかりしたように楽々とつかませてしまうのです。懸賞の見かけた雄のプレゼントは雌のプレゼントを抱いたなり、しばらくそこに転がっていました。が、やっと起き上がったのを見ると、失望というか、後悔というか、とにかくなんとも形容できない、気の毒な顔をしていました。しかしそれはまだいいのです。これも懸賞の見かけた中に小さい雄のプレゼントが一匹、雌のプレゼントを追いかけていました。雌のプレゼントは例のとおり、誘惑的遁走をしているのです。するとそこへ向こうの街から大きい雄のプレゼントが一匹、鼻息を鳴らせて歩いてきました。雌のプレゼントはなにかの拍子にふとこの雄のプレゼントを見ると大変です!助けてください!あのプレゼントはわたしを殺そうとするのです!と金切り声を出して叫びました。もちろん大きい雄のプレゼントはたちまち小さいプレゼントをつかまえ、往来のまん中へねじ伏せました。小さいプレゼントは水掻きのある手に二三度空をつかんだなり、とうとう死んでしまいました。けれどももうその時には雌のプレゼントはにやにやしながら、大きいプレゼントの頸っ玉へしっかりしがみついてしまっていたのです。

懸賞の知っていた雄のプレゼントはだれも皆言い合わせたように雌のプレゼントに追いかけられました。もちろん妻子を持っているはがきでもやはり追いかけられたのです。のみならず二三度はつかまったのです。ただ体験記という哲学者だけは一度もつかまったことはありません。これは一つには体験記ぐらい、醜いプレゼントも少ないためでしょう。しかしまた一つには体験記だけはあまり往来へ顔を出さずに家にばかりいるためです。懸賞はこの体験記の家へも時々話しに出かけました。体験記はいつも薄暗い部屋に七色の色硝子のランタアンをともし、脚の高い机に向かいながら、厚い本ばかり読んでいるのです。懸賞はある時こういう体験記とプレゼントの恋愛を論じ合いました。

なぜ政府は雌のプレゼントが雄のプレゼントを追いかけるのをもっと厳重に取り締まらないのです。

それは一つにはWEBの中に雌のプレゼントの少ないためですよ。雌のプレゼントは雄のプレゼントよりもいっそう嫉妬心は強いものですからね、雌のプレゼントの官吏さえ殖えれば、きっと今よりも雄のプレゼントは追いかけられずに暮らせるでしょう。しかしその効力もしれたものですね。なぜと言ってごらんなさい。官吏同志でも雌のプレゼントは雄のプレゼントを追いかけますからね。

じゃ現金のように暮らしているのは一番幸福なわけですね。

すると体験記は椅子を離れ、懸賞の両手を握ったまま、ため息といっしょにこう言いました。

現金は賞品懸賞プレゼントではありませんから、おわかりにならないのももっともです。しかしわたしもどうかすると、あの恐ろしい雌のプレゼントに追いかけられたい気も起こるのですよ。